造作家具&プチアンティーク | ROKUSA

造作家具&プチアンティーク

Renovation & House

アンティーク調の小ワザが効いた「かわいい」お家

20130410_main
家族構成 ご夫婦+お子様1人 築年数 25
間取り DK+廊下+和室→LDK+玄関移設 費用 255万円
目的 間取り変更
リフォーム箇所

お客様のご要望

職業が写真家のご主人とインテリアが大好きな奥様という感性の高いご夫婦が、幼い子供が窮屈そうに遊ぶ姿やリビングにあふれかえる「もの」をみかねてリフォームをご検討されました。広い空間を確保するために玄関を挟んだ和室とダイニングをつなげて「ワンフロア」にとご希望されました。

20130410_before

間取り

20130410_plan

リフォームのポイント

アンティークの小技が効いた、人を招きたくなる住まいへ

ナチュラルな雰囲気を重視し、床は無垢のパイン材を使用、壁はEP塗仕上げとし自然素材にこだわりました。LDKの中間にある階段には一部解体による露出した柱にエイジング加工を施し、アンティーク感を演出。タイルがアクセントとなりフォーカスポイントとなっている。無垢の床材と造作家具は、全体の色味を統一することで空間に落ち着きと広さをプラス。材料素材、色味、質感にこだわりを持つことで理想の仕上がりとなりました。

リフォーム詳細ポイント

玄関&シューズボックス収納

玄関に作成した大型造作家具。空間を利用し奥行をあまりとらず圧迫を避け大容量収納を確保しました。

階段下収納

こちらも収納スペースを確保するために階段下を有効活用。階段横のアクセントタイルで、収納扉からビューポイントを変えています。

多目的シェルフ

奥行を狭くすることで収納物の出し入れのしやすさと空間の圧迫感を回避しています。造作だからできる統一感とフィット感が出ています。

窓枠&ガラス

こだわりは窓枠にもしっかり出ています。柱と同様にエイジング加工を施しお部屋全体のアンティーク感をプラス。1階の窓なので味のある擦りガラスを使用。

リフォーム概要

工期 2週間 面積 60㎡

費用概算

和室→リビング工事
40万円
ダイニング工事
20万円
造作家具4点工事
50万円
天井・壁塗装・無垢フロア工事
50万円
エントランス・アプローチ工事
65万円
他工事
30万円
総額 255万円

他の事例

  • Sorry, no posts matched your criteria.